ケミカルピーリングでニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治す方法としてだけでなくニキビを治す方法としても一般的になっているのがケミカルピーリングとなります。
結構、よく耳にすることもあるので聞いたことがある人も多いことでしょう。ケミカルピーリングは酸を使用して皮膚を溶かし新しい皮膚の生成を促す方法となります。古い角質を剥がすことができるのでニキビ跡を消す効果もありますし、毛穴に皮脂が詰まったニキビ自体を解消することも可能なのです。治療に適しているニキビ跡のタイプとしては凸凹のクレーター状のニキビ跡が残っている人や茶色いシミが残った色素沈着タイプのニキビ跡の人に適しています。
新しい皮膚が再生されてくるのでビタミンCなどの美容成分が浸透しやすい状態になります。ケミカルピーリングを行うと効果的な美容ケアも行えるのです。時間の経過と共にコラーゲンも生成されてじんわりとニキビ跡が改善されていくことになります。
ただし、ケミカルピーリングは強い酸を使用するので肌には大きな負担となることも知られています。人によってはケミカルピーリングを行った場所が腫れたりかゆみが出てどうしよもない場合も発生するようですので肌が敏感肌の人などは向いていないと言えます。ニキビ跡を治す方法としてのケミカルピーリングは非常に有効な手段ですが健康保険は基本的に使用できません。そのため相応の費用は掛かってくると理解しておきましょう。エステでもピーリングは行われていますがニキビ跡は皮膚科などでの治療を行いましょう。
オルビスクリア 効果

IPLフォトフェイシャルでニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治す方法には色々な方法があります。光を照射することでニキビ跡を治すIPLフォトフェイシャルも有効な方法です。IPLフォトフェイシャルは色々な波長の光をニキビ跡に照射することで真皮層にあるコラーゲンの生成を促すニキビ跡を治す方法となります。特徴はレーザを使用した治療や針を使ったスキンヒールセラピーなどと違って痛みを伴わないことです。光を照射することで地道にニキビ跡の肌の変化を見ることになり劇的な変化がすぐに出てくることはありません。つまり、効果が出てくるには時間が必要となるのです。主なニキビとの症状としては凸凹のクレーター状のニキビ跡の人に有効で時間がたつと凸凹が少なくなってくることを実感することになります。痛みがないので痛みが苦手だという人や元より敏感肌で刺激の強い治療には耐えられえない人に向いています。IPLフォトフェイシャルは健康保険は適用されません。1回の施術に1万円から5万円程度が必要で1か月に1回程度、合計で5回の施術が一般的となります。総費用としては5万円から25万円程度となります。皮膚科や美容外科などのほかエステなどでも受けることが可能となっていますが、どこで施術を受けるかで費用的にはかなりの差が出る可能性がありますので注意が必要です。日焼けした肌の人や地黒の人などは効果が出にくい可能性があります。他の施術法と同様に施術を受けた後は紫外線対策と保湿を怠らないように十分にケアをすることが必要です。

スキンヒールセラピーでニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治す方法には健康保険がきかないものが結構あります。その中の一つがスキンヒールセラピーといわれる方法によるニキビ跡治療です。健康保険が使えないので費用は掛かりますがフラクショナルレーザーなどと比べると比較的安価で施術を受けることが可能です。スキンヒールセラピーは極細の針が付いたローラをニキビ跡のある部分に押しあてて皮膚に刺激を与えることでコラーゲンの生成を促して新たな皮膚の再生を期待する方法となります。すべてが医師の手で行われることになります。そのため、医師の施術の上手い下手が如実に表れる施術となります。針を皮膚にさすことになるので血が出ますし痛みをかなり伴います。そのため麻酔をしての施術となります。血が出るので不向きな人もいるでしょうが直接的に針を刺すので美容効果がある成分などは浸透しやすいと言えます。スキンヒールセラピーは1回の施術が2万円から5万円程度が必要となり、施術が完了するまでには1か月に1回程度のペースで都合4回は施術を受けることになります。かかる費用は総額で10万円弱から20万円程度となります。針を皮膚に刺すので施術後1週間程度はニキビ跡部分が赤みを帯びることが知られています。当然、施術後の肌は敏感になっていますので紫外線対策と保湿は十分に行うことが大切なポイントです。血を流しながらの施術なのでニキビ跡を治す方法としては異質に思えますが効果は目に見えて出てきます。血を見ることが弱い人や痛みに弱い人にはオススメできません。

フラクショナルレーザーでニキビ跡を治す方法

自分で市販の薬でニキビ跡アを治そうと努力をしてもなかなか改善しない酷いニキビ跡を治す方法として皮膚科でレーザー治療を行う選択をすることが可能です。時間と費用は掛かる可能性もありますが跡がキレイに治るのであれこれと悩んでいるよりも早々に治療を受けたほうが無難な場合も多いのです。レーザー治療の一つにフラクショナルレーザーでニキビ跡を治す方法があります。主に凸凹のクレーター状のニキビ跡に有効だと言えます。皮膚に刺激を与えることで、刺激部分のみのコラーゲンの生成を活発にして皮膚の再生を行う方法です。フラクショナルレーザーでの治療は健康保険は適用されません。そのため全額自己負担となります。費用的には1回の照射で3万円から6万円程度が必要で治療が終了するまでには症状により3回から10回程度の照射が必要となります。都合10万円から60万円程度の費用が必要となるので人によっては大きな負担となる可能性があります。レーザー照射は1か月から1か月半に一度のペースとなり痛みを伴う場合もあるので麻酔を使用しての治療となる場合もあります。レーザーが強力なために照射後しばらくは照射部分が赤みを帯びることもあります。レーザー治療を受けている期間は通常よりも紫外線対策や保湿をみっちりと行う必要があります。レーザー照射により皮膚が弱っており敏感になっているからです。そのため、できれば化粧などをするのも控えるかかなり薄目で対処することが望ましとされています。

ニキビ跡治療が得意な名クリニック シロノクリニックの設備力

少し調べると、ニキビ跡を専門的に治してくれる医療機関が割と多いことに気づきます。そのため、どこを選んで良いか分からずに決めかねてしまう方も・・・。1つの決め方として、設備力も見逃せないポイントです。どれぐらい設備に投資しているのかを見れば、ニキビ跡治療に対する力の入れ具合も分かりますから。

例えば、設備力で定評があるシロノクリニックも是非候補リストに加えて下さい。色味が強く残ってしまったタイプ、深く窪んでしまったタイプ・・・導入しているマシンの種類が多いため、タイプに応じてきめ細やかな対応が可能です。

例えば、ニキビ跡ができて半年以内なら、赤みを吸収する作用があるレーザーで対応します。もう少し時間が経ち、数ヶ月経過しているなら、光治療マシンのクリアタッチがぴったりです。できてから1年以上経ってしまった頑固なニキビ跡は、レーザーの中でもコラーゲンを生み出す働きが強いヤグレーザーなどを使って治療します。

極端な話、たった1台しかレーザーを導入していないクリニックでは、初期のニキビ跡も重症化しているニキビ跡も、出力を調整しながら同じレーザーで対応するしかありません。最新のマシンを135台以上も揃えたシロノクリニックとは、比べものにならない乱暴さですよね。

しかも、最新マシンは扱い方も難しいため、在籍している医師の医療レベルが高いことも意味しています。皮膚科選びで迷ったら設備で選べば間違いない、と言われるのは理にかなった考え方です。